親方お任せ

蔵韻に半?隠居してから、早 三年目。

スタッフもみんな独立して、やれやれ と思いきや。

思えば、皆に協力してもらい大勢で仕事してた頃より多忙の日々。

買い付けから納品まで全てシニアの家内営業、 あゝしんど!

そんな蔵韻をおもんばかってくださるお客様に感謝です。

常連さんのG,Tさんには 納品、修理と長らくお待ちいただきました。

2カ月がかりで修復完了した三つ折のパーテイションです。

ウェールズ Hawkinsでの出逢い以来、夜も眠れぬ程その修復を試行錯誤してました、楽しい仕事をさせていただきました。

IMG_6256

 

IMG_6261

IMG_6259

 

イメージどうりに、1880年が復活しました

IMG_6253

 

納品時 時報が言うことを聞かずにいた  グランドマザークロック。

いつしか? 自ずから正確に時を刻んでました。

小さな奇蹟! 音まで柔らかくなったって、G,Tさん親子で感動!

アンティークって不思議なものですね〜

IMG_6265

 

寿司屋では特上の上を、親方お任せと言うんだそうですネ。

そんな 親方お任せのドアー。

重量60kg  のステンドグラスが見事な玄関ドアを引き戸に改良。

これ又 半年ほど 、考えに考え ほぼ完成です。

親方お任せ。  責任重大ですがやり甲斐があります。

IMG_6250

上手なお買い物でしたよ、良く勉強なさってます、お見事!

IMG_6247

IMG_6248

そしてG,Tさんのコレクションに オールドノリタケが加わりました。

1907年  英国向けの輸出品、 キャメル、市場ではこれが最後でしょう

IMG_6273

IMG_6277

お宝  オールドマイセンのコレクション。

IMG_6272

さっそく隣のばーちゃんの 旬のタケノコを盛り付け!

心の贅沢って こんな光景を言うんでしょうね〜

1494848177169

 

1494848179117

 

2017,5,15