出発前の異変

イギリスへのフライト✈️  を2日後に控え   なんかヘン!

IMG_7607

 

 

いつもなら 8月の買い付けは 現地ディーラーも、手ぐすね引いて 盛り沢山の アンティークをメールして来る、陽気にサマーホリデー突入前のバーゲンセール風な感じに、しかし今回は確かに少なすぎる?

すでに アポイントメント済みの 数社に直接電話して その訳を聞いた。

いずれも答えは 同じ

かつてのオークションスタイルがここにきて大きく変化したとの事、かつては その道のプロだけがその場で 競り落としたものが ネットが普及し オークションも今はほとんど 全世界から一瞬に参入し、結果、価格が高騰してしまっているとの事、画像鮮明のメールは、オークション特有の内見の必要も無く?。        アンティークオークションは激変してしまったと少々寂しげに語る 、かつての有名なディーラー諸氏、小生も何故か もの悲しさを禁じ得ません。

そして、 これはすでに数年前から感じ取っていた現実。

いつまでもあると思うなアンティーク!   いつも言われていた。

思えば 、英国の古き良き ビクトリア時代が終え 百二十年が過ぎた、アンティークの定義は 百年経過したもの、   すでにクオリティの高いものはすでに世界に拡散され尽くしたのかも知れませんね。

かつては アンティークフェアーといえば 皆が競い合いトレードしあっていたのが、ここ最近は ノンビリ チョット あきらめムード!

出店数も 最盛期の半減以下⁉︎

毎年 8月はアンティークディーラーのサマーホリデー直前のタイミングに合わせ実りの多い収穫でしたが、どうも今回は望めそうもない感じです。

出発前にして  チョット 意気消沈気味ですが、今回はイギリス全土を隈なく 小さな村々を巡り、じっくりと 掘り出し品を集めてきたいと思ってますので 、現地からのブログたまに読んでくださいね。

開拓魂だけは衰える事なく、長年培った動物的勘を頼りにアンティーク探検をして来ますので。

そうそうイギリスのEU離脱の話、ブレグジット、なんか国民投票再燃が盛り上がっているようです。

難民受け入れ拒否

EUからの独立経済

再度の国民投票は民主主義の軽視になるのでは    などなどそんな問題山積真っ只中のイギリス

じっくりと見てきたいと思っています。