アンティークって?

イギリスより 帰国後 突然の 決断でしたので、

店内ポップ、 セールプライス表示無し ダイレクトメールもほんの少しの枚数での告知でした。

でも 口コミって すごいものですね、驚きの毎日が続いてます。

そんな中 初日いの一番に 駆けつけてくれたのが G,Tさんでした、

どうして 閉めちゃうの⁈   と 涙してくれました。

私共も 答える術が未だ定まらず! 狼狽しております。

 

そんな 今日この頃、G,Tさんへ納品にお邪魔しました

どれを取っても 思い入れのアンティークです。

英国 ナンバーワン ディーラー、ホーキンスのイチ押し

ウオールナッツ salon スィート、収まるべき所に収まりました。

IMG_8128

ブレックファーストテーブル、絨毯はペルシャ ダイアモンドミラー

IMG_8131

 

レディース&ジェンツ サロンチェアーIMG_8123

最後の逸品 オールドノリタケ キャメルシリーズとマイセン白磁。

IMG_8122

シルバーセンターピース。

IMG_8136

 

テーブルランプが投影する幻想、壁の紋様、 銅器の古美。

実はこの銅器 非売品として ずっとKsの一員でした、45年前 コーヒーの魔術に取り付かれ メキシコのメルセー{ 蚤の市 } で入手しました。

当時 アンアン、ノンノンの時代 、何故かその小さな蚤の市風景に魅了され10日後にはメキシコに飛んでいました、その風景と同じアングルにこの銅器があったんです、  感動しました、決して高価なものでもない  何の変哲もない ガラクタなんですが、

そんな一途さに 飛行機代を工面してくれた 親父への感謝の思い。

雑然と使うほどに 味わい深い艶を放つ銅器の魅力。

そんな思いを誰かにつないでもらえたらと G,T さんに差し上げました。

アンティークって?  の謎が一つ解けましたヨ!

どうせ あちらへは 手ぶらで行く。  { 城山三郎 }

今流行りの 断捨離とでも言うでしょうかねー。

オット その前に ステンドグラスの製作 あと一年程お待ち下さい

じっくりとマッタリと仕上げますんで! 職人として。

IMG_8121

こんなにも皆様に支えられ 商人からの卒業が出来るなんて、夢にも思ってませんでした、

忘れ去られるよりも、少し惜しまれるぐらいがちょうどいいのかも?

まだまだ 上質なアンティーク収集品が有ります。

是非ご来店下さい。

2017,9,21