これから先

蔵韻での修理 修復作業も 完了し 納品も終了しました。

さて、これから先どうする?   思案中。

店舗も 、電話も、会社も既に 封印 したし、

お客様との 接点は このブログだけです.

 

何かあれば、ブログ    Contact.    よりご連絡ください、

 

幸いに 新しい蔵韻オーナーさんから、快く修復工房を開放して頂きました。

アフターケア等 出来うる限りお引き受け致しますのでお申し付けください、

晴耕雨読ですが 、やっと 自分の本意でノンビリ 作業ができそうです。

 

ところで!

染め屋の白袴の如く~~~ 振り返れば 我が身の周りには

アンティークらしきものが ほとんどありません!

これぞというものは、全て お客さん優先にお譲りしてきました、

今後は 少しずつ 、少しずつ、アンティークに囲まれた自己流アンティーク空間を

作りたいと考えています、アンティークにとって最良の時空間にチャレンジしてみます。

アンティークへの道は  永遠の未完である事を 新たに思い知らされてます。

商人としてのアンティークを終了して ふと思う今。

 

イギリスの経済学の祖とされるアダム・スミスは国富論の中で、自己利益を求める行動に、市場のメカニズムが働き、社会の福祉を高めると書いている。

例えば、アンティーク屋がアンティークを売るだけでは社会貢献とはならず、自己利益の実現に過ぎない。

それが市場を通ることで、「神の見えざる手」an invisible hand  によって、社会を豊かにする行動になるとした。

 

国富論は、人びとが働いて利益を求める経済行動に倫理の裏付けを与え、資本主義を勃興させた経済学でした。仕事にも倫理が必要です。武士の倫理は武士道だった。アダム・スミスは倫理の哲学者でした。

 

今 思えば果たして、私たちが携わってきたアンティーク道はアダム・スムスが語ったように社会的に 貢献出来ただろうか?

全くもって 疑問符だらけではありますが

そんな事を 自問自答しながら 、残された時間を、やはりアンティークをテーマに

行動して参りたいと思います。

 

生活道具屋   Ks アンティーク 岩出山    1995年~

Ks アンティーク  泉パークタウン 桂     2005年~

Ks アンティーク  泉パークタウン高森  2009年~

アンティーク 蔵韻                                        2015年~

これから先   

2018,8,27